釣魚について | 鳴門市の【旭日丸】では真鯛やガシラなど様々な魚が釣れます

釣魚について

釣りカレンダー

釣りカレンダー

狙っていきたい魚たち

旭日丸では様々な魚を釣ることが出来ます。
ここでは、特に狙っていきたい魚たちを紹介していきます。
鳴門海峡に生息する、活きのいい魚たちを是非、釣りあげましょう!

ガシラ(カサゴ)

ガシラ(カサゴ)

シーズン

春・夏・秋・冬

コメント

一年を通して釣ることが出来ますが、低水温の冬場が最も盛んな時期となります。見た目からも分かるとおり、トゲトゲしていて鋭いので、素手で触れると危険です。タオルを巻くなどして、直接触れないように気をつけましょう。

マダイ(真鯛)

マダイ(真鯛)

シーズン

春・夏・秋(1年中釣れますが、冬場は釣れにくいです。)

コメント

鳴門を代表する魚で1年中釣ることが出来ます。
3月~6月ごろに産卵の為に浅瀬に来ます。
この時期のマダイを「桜鯛」と呼び、脂がのって最もおいしく食べられると言われています。

キス(鱚)

キス(鱚)

シーズン

春・夏

コメント

キスはアジと同じく、初心者の方にも簡単に釣りを楽しんで頂ける魚です。
釣りを始めたばかりでなかなか釣れないと、釣りが嫌いになってしまいますので最初は釣りやすい魚から狙っていきましょう。
刺身にしても美味しいですが、てんぷらやキスしゃぶにしても美味しく頂けます。アジよりも普段からあまり食べない魚かと思いますので、是非狙ってみて下さい。

ヒラメ(鮃)

ヒラメ(鮃)

シーズン

秋・冬

コメント

カレイとよく似た魚で、お腹を手前において左に顔があるのがヒラメで右に顔があるのがカレイです。
ヒラメは高級魚とされ、縁側はコラーゲンがたっぷり入っており美味です。

丸アジ

丸アジ

シーズン

夏・秋・冬

コメント

アジは初心者の方でも簡単に釣れますので、楽しく釣って頂けます。
アジは群れで行動している為、最初は釣れなくても、釣れ始めるとどんどん釣れてきます。

ハマチ

ハマチ

シーズン

コメント

ツバス→ハマチ→メジロ→ブリと、成長すると名前が変わる出世魚です。
9~10月中旬がシーズンになります。
ルアーフィッシングでは「青物」と呼ばれており、堤防からでも狙うことが出来ます。

タチウオ(太刀魚)

シーズン

コメント

見た目が太刀に似ていることから、その名前がついたと言われています。
性格は攻撃的で、鋭い歯を持っているので釣りあげた際には注意が必要です。
見た目がキラキラしていて美しい魚です。
船釣りでは是非釣りあげて頂きたい魚の一つです。

アオリイカ

シーズン

秋・冬

コメント

売っているイカをみると白いですが、釣ったばかりの新鮮なイカは透き通っています。
これはイカ釣りでしか味わえない感動といえるでしょう。
アオリイカはお土産としても喜ばれています。

メバル(眼張)

メバル(眼張)

シーズン

冬・春

コメント

「春告魚」と呼ばれ、春がシーズンの魚だと思われがちですが、12月~4月の寒い時期がシーズンです。
白身で淡白な味ですが、煮付けにするととても美味しいです。
ただし、調理の際は、皮が破れやすく身が崩れやすいので注意しましょう。

お問い合わせはこちら

基本情報

旭日丸(きょくじつまる)
〒772-0053
徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦字
大毛82-28

女性・子供・初心者も安心!鳴門で釣りを楽しむなら釣船【旭日丸】お気軽にお問い合わせ下さい。

090-4505-6442

088-687-0017